植村花菜の「トイレの神様」の歌がなんだか切ない

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100305-00000034-sanspo-ent

植村花菜が歌う「トイレの神様」がジーンときて
なんだか切なく涙が出てきて仕方がないです><


「トイレの神様」の歌の内容は、
おばあちゃんと暮らす小3のころから始まる。


主人公(植村花菜)は、毎日よくお手伝いをしてあげていたんですが、
トイレ掃除だけは苦手だった。そこでおばあちゃんは言います。


「トイレには、それはそれはキレイな女神様がいるんやで
だから毎日キレイにしたら、女神様みたいにべっぴんさんになれるんやで」

その日から、せっせとトイレ掃除を頑張るように・・・。


やがて、主人公(植村花菜)は成長し、彼氏ができ、
おばあちゃんや家族と行き違い、家を飛び出して上京してしまう。


2年後、おばあちゃんが病気で入院の知らせ。

翌日、主人公(植村花菜)を待っていたかのように
おばあちゃんは永遠の眠りにつく…。

「ありがとう、おばあちゃん」




「トイレの神様」収録アルバム3/10発売 予約受付
植村花菜/わたしのかけらたち(CD+DVD)(初回仕様)
【初回予約のみ】外付け特典あり!(外付け)

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。