日活ロマンポルノが、いま女子に熱い

日活ロマンポルノといえば成人映画で、
昭和の成人映画の代表みたいな感じですよね。


ロマンポルノを上映している映画館のなかでは、
客の半数近くが女性というところもあるそうです。


この「日活ロマンポルノ」が、いま女子にウケているようで、
「平成版ロマンポルノ」も近く公開予定だそうです。


なぜウケてるかというと、
「突っ込みどころ満載で面白い」という「エロ面白さ」だという。


例えば「10分に一度のカラミ」とか普通ではありえない展開に、
「なぜ、そうなるの!^^;」みたいに思わずツッコミたくなるそうです。

めちゃめちゃ、大げさなアエギ声とかも、笑いどころかもね^^;


もう一つ受けている理由には、意外と芸術性や演技力が光る作品も多く、
名作と呼ばれている作品では、大阪の労働者街に生きる売春婦を描いた
「(秘)色情めす市場」は評価が高かったりします。


今ではDVDとかレンタルできますし、
こういったポルノ作品を気軽に見たりできる環境ですからね。

ちなみに、自分が子供の頃、よくオトンが見に行ってました^^



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。